ダイエット中の腹持ちをアップさせる為に有効な成分と必要な事

ダイエット中の腹持ちをアップさせる為には

 

『食事制限はいつもお腹が減ってつらい思いをしている』
『出来るだけ低カロリーで腹持ちがいい食品は?』
『腹持ちを上げる為に気をつけることってなに?』

 

ダイエット中に何がつらいかというと空腹感ですよね…
食品にはカロリーは同じでも腹持ちがよかったり、よくなかったりするものがありますし、食べ方にも同じ様にあります

 

ちょっとしたことに気がついて短期間でも長期間でもストレスの少ないダイエットを実践したいですよね

 

 

腹持ちを上げてくれるのは食物繊維?

 

食品のなかで腹持ちが良い物といえば食物繊維が一番に思いつくかと思います
食物繊維は

胃に滞在する時間が長い

食物繊維は私達の体内にある消化酵素では消化されない栄養素です
ですので、他の食品に比べて体内での滞在時間が長く腹持ちがいい食品といえます
さらに、コレステロール上昇を防止する働きや血糖値の上昇を緩やかにする働きがあります

 

人が満腹感を感じる為には血糖値が上昇する必要があるのですが、急激に血糖値が上昇すると
血糖値を下げる働きのあるインシュリンが過剰に分泌され脂肪が生成されてしまいます
血糖値の上昇が緩やかな食物繊維は他の食品に比べて腹持ちもよく脂肪もつきにくい食品というわけです

水分を含んで容量が増えるものがある

オオバコと呼ばれる植物から取れるサイリウム、こんにゃくから取れるグルコマンナンなどは
水分を含むと何十倍にも膨らむ性質を持っています
その為、多くのダイエット食品に活用されている食物繊維になります

 

このような食物繊維を活用することで少ないカロリーでも満腹感があり、腹持ちがよい食事を取る事が出来ます

 

 

更に、食物繊維には以下のような体に嬉しい作用もあります

便秘解消作用

食物繊維は水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維があり
この2つをバランスよく摂取する事で整腸作用、便秘改善作用があります

 

ダイエット中に便秘になりがちな方には特に摂取するべき栄養素です
ダイエットのための食事制限によって胃腸の便を押し出す内容物が減ってしまい便秘になる方は多いです
せっかくダイエットをしてもポッコリおなかになってしまっては元も子もないですよね…

 

そんな時に役立つのが食物繊維です
不溶性食物繊維は便のかさを増して押し出す働きがあり、水溶性食物繊維は便を柔らかくして排便を助けます
食物繊維がキレイ痩せに大切な理由が分かりますよね

 

腸内がきれいになることで善玉菌が増加し、美肌へプラスの影響があります
腸内環境を改善する為にも食物繊維は一役かっているというわけです

 

 

食事の際の咀嚼回数は一口に30回が理想的

早食いはダイエットの天敵とも言うべき食習慣です
早食いをする事で食事による満腹中枢の刺激までの間に必要以上に食べ過ぎてしまいます

 

 

腹持ちを上げる食生活で重要なのは咀嚼回数
一口につき30回程度はかむようにするのが理想的です
噛む回数が長くなることで食事時間が増え、少ない量の食事で満腹感を覚えることが出来ます

 

 

噛み応えがない食材でも出来るだけ咀嚼回数には気を使っていきましょう