停滞期でも痩せる!おすすめの減量法をご紹介

停滞期でも痩せる方法

 

『あともう少しなのに停滞期が来て減量がストップしてしまった』
『デートまでもう少しなのに後ちょっと痩せたい』
『停滞期が来るといつもリバウンドしてしまう…』

 

ダイエットにつき物の停滞期にストレスを感じてリバウンドをしたり、それ以上の減量を諦めてしまっている方も多いと思います

 

停滞期は前に進んでいる証拠で痩せていない人には訪れません
ですが、どうやって停滞期中にダイエットをすればいいのでしょうか?

ダイエットの停滞期はなぜ起こる?どれ位で抜ける?

ダイエット中になぜ停滞期が訪れるのかを知らないとモヤモヤしてしまい、無駄なストレスがかかってしまいます…
停滞期の意味だけでも頭の片隅に入れておくだけで、精神的に楽になると思います

 

 

まず、ダイエット中に停滞期がなぜ起こるのかというと…前に進んでいるからです^^
停滞期は痩せていない人に訪れることはありません

 

 

体重が減量するペースが早いと停滞期は訪れやすいといわれています
(一説には1ヵ月の体重減少が体重の5%を超えた時に訪れるといわれています)
その為、ダイエットをすると必ず訪れるわけではありませんが、頑張っている人ほど訪れます

 

 

私達の体にはホメオタシス(恒常性)と呼ばれるからだの状態を一定に保とうとする働きがあります
ホメオタシスは生命の維持の為に必要な性質ですが、ダイエット時には厄介ですよね

 

 

要は、体重が急激に減少すると脳が『体に危険が迫っている!』と勘違いしてしまい
出来るだけ体内のエネルギーを節約しようと節約モードに入ります(飢餓状態とも言われます)
この状況下では、摂取したカロリーを出来るだけエネルギー源に替えようとする働きがあり
消費されるカロリーもできるだけ節約しようと働きかけます
太りやすくやせにくい状態というわけですね

 

 

要はこの、ホメオタシスによる飢餓状態がダイエットの停滞を生み出しているというわけです

 

 

停滞期がどれ位で抜けるのかと、個人差がありますが早くて1週間程度、長くて1ヵ月程度と言われています

停滞期が来た時の対処法とは?

では、停滞期中にはどのような動きをすればより効率的にダイエットを行うことができるのでしょうか?

現状維持が大切

停滞期中にやってしまいがちなこととしては、通常の食事に戻す事です
痩せないことへのモチベーション低下によって通常の食事に戻すと飢餓状態の間は非常に太りやすくなります
太ってしまうことで今までやってきたことが水の泡となり、ストレスによって更なるドカ食いを引き起こすというわけです

 

ですので、停滞期を抜けたと感じるようになる為にはダイエットの最終関門だと思って
それまで上手くいっていた食事制限やエクササイズを継続することが大切

 

継続することで脳が異常事態ではないと感じ、飢餓状態を抜ける事が出来ます
そのタイムラグがストレスに感じるかもしれませんが、目標体重まであと一歩です♪

 

更なる食事制限をしたらいいのではないのか?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それはリスクが高くなります
食事制限など、あまり無理のあるダイエット方法は精神的ストレスを高めてしまいます
目標体重を達成した後のリバウンドしやすくなってしまいます

 

おすすめは停滞期がきたら現状維持です

便秘改善

停滞期中に脂肪は燃焼しなくても痩せる方法はいくつかあり、その中でも重要なのが便秘改善
便秘気味な人は特にですが、不断そうでない人でも便通を促すことで更なる減量が期待できます

 

具体的にはやはり、食物繊維とオリゴ糖などで腸内環境を良くすることです
注意点としては食物繊維は二種類(不溶性食物繊維、水溶性食物繊維)をバランスよく摂取する事

 

普段は便通がよくてもダイエットによる食事制限で便秘になる人はいらっしゃいますので
腸の状態を見直す良い機会かもしれません
便通が改善することでダイエット効果だけでなく、ポッコリおなかも改善し見た目にも美しくなります
また、腸内環境がよくなることで美肌効果があるのも嬉しいですね^^

サプリメントを使うのもあり

停滞期中は出来るだけ食生活を変えてはいけないのですが、その状態でと取り入れると効果的なのが
ダイエットサプリメントです

 

ダイエットサプリメントだけに頼った減量はあまり効果的ではありませんが、サプリメントには
脂肪燃焼系や酵母サプリメントなどの糖の吸収を抑える働きがある物があります
そういったサプリを補助的な役割で停滞期中に取り入れることも視野に入れてもいいと思います

 

ダイエットサプリメントのメリットは、食生活を変えることなく取り入れることが出来ストレスがない事です
逆にデメリットとしては費用負担はかかりますので、お財布との相談が必要です

 

 

 

停滞期は非常につらいものですが、前に進んでいるから向かい風は吹きます
みなさんのダイエットが上手くいっているから停滞期は起こるのだと前向きに発想し的確な対応をしていきましょう♪